今日もバイクで旅に出る

バイクにまたがって日本全国へ

平湯避暑キャンプ つづき

昨日の続き

テントを張って日の高いうちにビール飲んだら、次はお風呂。

平湯キャンプ場からは、ひらゆの森まで歩いて行ける。

 

ぬるめの露天風呂を堪能し、湯上りのコーヒー牛乳は外せない。

f:id:y-asa:20191006213431j:image

 

テントに戻って、夜の宴。
f:id:y-asa:20191006213358j:image

 

飛騨牛焼くよ。
f:id:y-asa:20191006213434j:image

焼き焼き
f:id:y-asa:20191006213425j:image

A5のとろけるやつもいいけど、A4のモモ肉も(゚∀゚)=3ウマー!

 

ビールを堪能したら、日本酒を熱燗で。
f:id:y-asa:20191006213342j:image

 

厚揚げって書いてたのよく見ずに買ったら、練り物だったよ(・Д・)
f:id:y-asa:20191006213428j:image

 

焚き火でぬくぬく。
f:id:y-asa:20191006213423j:image

ペースを完全に誤り、途中から豪華に薪を投入。

タープの下がちょっと暑くなる…

焚き火がほぼ消沈したところでおやすみなさい。

 

朝はちょっと雲が多く、10月の平湯にしてはそれほど寒くない。
f:id:y-asa:20191006213420j:image

朝ご飯食べてると、イトメンさんが挨拶に来てくれたので、しばしおしゃべり。

ほぼ誰にも平湯に行くって言ってないのに、偶然にも遭遇w

 

だらだらしてたら、撤収は9時半頃に。
f:id:y-asa:20191006213406j:image

開田高原と奈川でそば祭りをやってるけど、開田高原は激混みらしいと聞いたので、奈川へ向かうことにした。

安房トンネル抜けて狭い県道を下っていく。

 

そして到着。

f:id:y-asa:20191006213416j:image

そんなに並んでなくて良かった!

しばし待って新そば。
f:id:y-asa:20191006213437j:image

良い香り。

松茸ご飯も良い香りしてた。

美味しいおやつで満足したけど、昼ご飯にはちょっと足りない。

奈川で蕎麦をお代わりしようか迷ったけど、伊那谷まで抜けることにした。

 

権兵衛トンネル手前を脇道に逸れて、狭い旧道を登っていくと、権兵衛峠に到着。
f:id:y-asa:20191006213350j:image

旧道は通行止め。

f:id:y-asa:20191006213354j:image

ここからの眺めは好きだ。

前はもっと視界が広かった気がする。

トンネルで時間短縮できるのは便利だけど、旧道も好きだ。

えっちらおっちらバイクを右へ左へと傾けて、たまに視界が開けたときに見える景色が堪らない。

 

伊那でローメン食べようと思ったけど、1軒目は駐車場無いし、お店の前置かないでって書いてるし断念。

道すがらのおばちゃんに教えてもらったお店へ行ったらお休み。

ローメンとは縁がないなぁ

面倒だからもういいや。

 

伊那谷を南下してマルスウイスキー仕入れた。

f:id:y-asa:20191006213402j:image

長野県内でしか流通がないから、自宅の在庫を切らさないように足繁く通ってる。

 

飯島まで南下したら、信州里の菓工房へ。
f:id:y-asa:20191006213348j:image

和栗のモンブランいただきます!
f:id:y-asa:20191006213413j:image

毎年秋になるとこのモンブランを食べに来てる気がする。

恵那川上屋の系列なので、栗菓子は文句無しの絶品。

色々買い込んだから、ゆっくり楽しもう。

 

松川から飯田山本まで高速でワープして、R151南下して、豊根村でトイレ休憩。
f:id:y-asa:20191006213345j:image

 

そして無事に帰宅。
f:id:y-asa:20191006213410j:image

590kmの旅でした。

 

ポチッとお願いします。

https://bike.blogmura.com/camp_touring/ranking.html

 

平湯避暑キャンプ

晴れた週末。

下界は夏の暑さの予報なので、涼しいところに避難することに。

 

郡上まで走って高速を降りてひと休み。

f:id:y-asa:20191005155751j:image

 

明宝ハムのフランクは肉が詰まった感じで美味しい。
f:id:y-asa:20191005155739j:image

 

高山市内で昼ご飯。
f:id:y-asa:20191005155755j:image

弱尊のカレーはスパイスが効いてて美味しい。

 

山の上まで走って設営。
f:id:y-asa:20191005155747j:image

 

日が高いうちからビールクズ
f:id:y-asa:20191005155743j:image

 

ポチッとお願いします。

https://bike.blogmura.com/camp_touring/ranking.html

2019夏・北海道ツーリングその9

2019-8-16

朝、起きてデッキに出ると秋田港が近い。
雲は多いが青空も広がっている。
イメージ 1

秋田港に入港してからは船内が慌しくなると思い、空いている時間に朝ご飯にする。
備蓄食料はたくさん、どれを食べようかな?
とりあえず賞味期限と持ち帰るのが邪魔になりそうなものを優先的にやっつけよう。
イメージ 2
写真に写っている分を食べきったらお腹いっぱいになった。
ツーリングマップル見たり、ZigZag読んだり、スマホを触ったりしながら時間を過ごしていると、昼ご飯の時間。
寄港便は沖にあまり出ないからか、携帯の電波がずっと入るのがいいな。

昼ご飯は、限定メニューのザンギが食べたかったので、レストランへ。
ザンギ丼にした。
イメージ 3
お味は・・・往路のフェリーで食べたスパイシーなザンギの方が美味しかったな。

昼ご飯を食べて、自宅までの500km Overレーシングのため、昼寝する。
起きたら、おやつ。
イメージ 4
コーヒークロワッサン美味しい。
これで備蓄食料は、カップ麺1個とパン1個。

15時過ぎ、新潟港。
イメージ 5
まだ着岸していないが、バイクの車両甲板への案内が始まった。
部屋に戻って荷物を持ち、車両甲板へ。

車が降り切る前にバイクの準備は完了。
イメージ 6
車両甲板は暑いから準備をしていると汗だく。
フェリーを降りたらコンビニに寄ってポカリスエットを買おう。

そして、下船。
イメージ 7
去年の10月以来の新潟港。
帰りに降りると家が遠い…

セブンイレブンに寄って、ポカリスエットを買って、GoogleMapの案内どおりに新潟西ICから高速へ入る。
北陸道上信越道と進み、松代PAで夕暮れ。
新潟から200kmほどで給油にもちょうどよいので、休憩を取った。
イメージ 8

フードコートへ行くと夏のメニューがあった。
イメージ 9
きのことわさびと大根おろしの蕎麦。
わさびがアクセントになって美味しい。

上信越道から長野道、中央道、東海環状、東名と乗り継いでいく。
ETCの割引を使うために深夜0時を回って高速のICを降りる。

そして、無事に自宅に到着。
約2800kmの旅でした。
イメージ 10

荷物を降ろしたら、サッポロクラシックのジョッキの無事を確認。
イメージ 11
静岡麦酒で旅の無事を乾杯。

今回で15回目の北海道ツーリング。
今年は割りと天気に恵まれた。
メインの目的地だった奥尻島の天気予報は曇りだったけど、ほぼずっと晴れっぱなしだった。
以前から行きたいと思っていたものの、なかなか足が向かなかった奥尻島は行ってみれば絶景と絶品のウニが待つ島だった。
フェリー代は高いけど、また奥尻島へ行ってみたいと思う。

おしまい。


ぽちっとお願いします。
キャンプツーリングブログランキング参加用リンク一覧

2019夏・北海道ツーリングその8

2019-8-15
朝、7時半過ぎに撤収、出発。
近くのセイコマで朝ご飯にした。
イメージ 1

イメージ 2


友人とは、弟子屈と釧路との国道の分岐まで一緒に走り、別れた。
釧路に向かってしばらく走って行くと、パラパラ雨に降られる。
雨雲レーダーを見ても、雨雲は映っていない。
そのレーダーを信じてカッパを着ずに進む。
が…一向に止む気配がない。
釧路のバイパスに入ってしまうと、カッパを着るチャンスがなくなる。
バイパスの入り口手前で雨装備を固めた。
釧路のバイパスから道東道の無料区間へと乗り継いでいく。
この道東道の無料区間のヤバいくらいの眠たさは何とかならないかな?
去年の夏も意識が飛びかけた。

音更帯広で高速を降りて、六花亭本店へ。
イメージ 3

まずは、
サクサクパイと雪こんチーズを食べる。
温かいコーヒーが冷えた体に染み渡る。
寒いからマルセイアイスサンドはやめておいた。
思わず店舗販売限定のポテチ買ってた。
イメージ 4

思わず、自宅にお土産買って送ってた。
また六花亭のポイントが貯まった。

そろそろ昼ご飯だ。
インデアンカレーにするか、中華ちらしにするか、悩む。
ここまで野菜をあんまり食べていないことを思い出して、中華ちらしに決めた!
ということで、六花亭からほど近い、あじ福にて。
イメージ 5

中華ちらしがきた。
イメージ 6

素朴な味わいで美味しい。

ガソリンも満たして、先へ進もう。
高速で苫小牧まで行ってしまおうか悩んだが、平日だしお金がもったいない。
下道で行こう。
帯広から清水に向かって走っていくと、ひたすら眠気に襲われた。
コンビニで休みたいが、道内滞在中は信仰上の理由でセイコマにしか立ち寄れない。
やっとあったセイコマでコーヒー休憩を取って生き返った。

清水からは日勝峠を越える。
ドライブインの展望台から。
イメージ 7

安定のいい眺めだ。
本当に晴れてるときのいい眺めは過去の北海道ツーリングの記事を見て欲しい。

濃霧の日勝峠を越えて日高に入ると、路面も乾いていて、少し蒸し暑くて、雲も高い位置で、全く違う天候だ。
でもカッパを脱ぐのは不安、乾かしたい、両方の気持ちから、カッパとブーツカバーはそのままに先へ進む。
R237はもう通い慣れた道。
苫小牧に上陸して、十勝や美瑛に向かう時、逆に苫小牧へ帰る時にしょっちゅうとおる。
比較的流れよく走って行き、道の駅鵡川に到着。
イメージ 8

時間があったら温泉に入ろうかと思ったが、慌ただしくなりそうで断念。
本当はもっと時間があったら苫小牧までカレーラーメン食べに行きたかった。
残念だけど、夕張メロンのソフトクリームで我慢。
イメージ 9

ラストオーダーを少し過ぎてたみたいだけど、巻き巻きしてくれた。

買い出しして苫小牧東港へ。
イメージ 10

受付すると、定刻運行予定らしい。
電話で予約変更してもらったときは9時間半遅れの新潟入港だって聞いたから、大量に食材備蓄しちゃったよ。

寄港便なのでバイクは秋田と新潟とで分けて並べていた。
イメージ 11


今日乗るゆうかり。
イメージ 12

以前は、新潟↔小樽の直行便に使われていた船体だ。

予定の便が欠航になってしまい、電話で急遽取り直してもらった便で、席が全く不明。
行ってみると角部屋。
イメージ 13

やったね。

乗船してお風呂に入ったら、まずビールで乾杯。
イメージ 14


晩ご飯はレストランで煮込みジンギスカン(うどん入り)。
イメージ 15

イメージ 16


メインを終えたら、備蓄食材の消費モードへ。
イメージ 17

セイコマのお惣菜とゆでとうきび食べたよ。
イメージ 18


ラスト1回へつづく

ぽちっとお願いします。
キャンプツーリングブログランキング参加用リンク一覧

2019夏・北海道ツーリングその7

2019-8-14

朝の上士幌航空公園は曇り。
たまに霧のような感覚で水滴に包まれる。
さて、出発。
イメージ 1


美瑛方面へ北上しようと思っていたら、網走の方が天気が良さそうだ。
ということで、東に針路を取る。
隣町の足寄まで走ったところで、セイコマで朝ご飯。
イメージ 2

寒かったから、スープで体を温める。
ご飯を食べて出発しようとすると、隣に車を停めていたご夫婦に声を掛けられてお喋り。
夏場でも道路に冬の雪道の滑り止めの砂が残ってるから気を付けるんだよ、って教えてもらった。
あぁ、道内の人なんだなーと思ったら、多摩ナンバーでした。
あれ???
そのまま凍えながら東に進む。
阿寒湖と美幌町へ向かう分岐の国道で北へ。
目的地に近付くと、神様の思し召しかのように急に日差しが出てきてくれた。
やって来たのは以前から来たかった道の駅あいおい。
営業開始時間に着くようにペース調整もしてあるぜぃ。
ここにはクマヤキがある。
イメージ 3

食い掛けのクマと写真も撮れる。
イメージ 4

クマのガラナもある。
イメージ 5

そしてお目当てのクマヤキ。
イメージ 6

(゚∀゚)=3ウマー!
あんこが優しい甘さでふっくらしてて美味しい。
何回も北海道に来ているけど、なかなかこの場所って通らないんだよな。
上士幌↔弟子屈は通るし、上川↔北見/美幌も通る。
ただこのお互いのエリアを南北に移動しようと思うといつも美幌峠になってしまう。
そう言えば、同じ理由で陸別もほとんど行ったことがない。
クマヤキと温かいコーヒーと日差しで体を温めて出発する。
美幌に入ると、北海道らしい景色が広がる。
イメージ 7

市街のホクレンで青のフラッグをゲットした。
イメージ 8

昼ご飯に寄りたい場所はすぐ近くだけど、まだ時間が早いのでリスに会いに行こう。
途中、道すがらの女満別の丘も記念撮影。
イメージ 10

何度見ても写真を撮ってしまう。

やって来たのは、オホーツクシマリス公園。
イメージ 9

結構並んでる。
自分が列の先頭になると1人だからすっと入れてもらえた。
イメージ 11

イメージ 12

シマリスかわえぇ(*´꒳`*)
おっさんがシマリスかよ⁈ってバイク仲間に言われたけど、このかわいさを伝えたい。伝われ。
お盆で人が多いからか、朝からご飯をもらいすぎたからか、晴れていて暑いからか、リスの活動があまり活発じゃない。
小一時間遊んで餌を余らせて外に出た。

再び美幌に戻るが、せっかく女満別を通るので、美瑛には及ばないかもしれないが丘陵地帯を見ておこう。
旭ヶ丘展望台から。
イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15


美幌市街に戻ってきて、去年売り切れで食いそびれた豚まんを買う。
イメージ 16

聞いてた通り、おっきい!
めちゃおっきい!
頬張ると肉厚の生地とたっぷりの餡で口の中が幸せに包まれる。
これ1つで十分昼ご飯になる。
去年食べて美味しかった焼売も買おうかと頭をよぎったが、胃袋的に買わなくて正解だ。

お腹を満たしたら、更に東へ向かう。
やって来たのは、ひがしもこと乳酪館。
イメージ 17

カマンベールチーズソフトをいただきまーす。
チーズの香りが広がり美味しい。

ふと帰りのフェリーの運行情報が発表されている時間だと思い立ち、Webサイトを確認。
うん、乗る予定の苫小牧東→敦賀便はしっかりと台風で欠航ですね。
困ったね。
取りあえず、新日本海フェリー苫小牧東港へ電話するも繋がらない。
適当に、新潟港に電話すると秋田港へ自動転送してもらえて繋がった。
事情を説明し、今から変更できる便を探してもらう。
なんと8/14の苫小牧東→新潟の寄港便が取れた。
新日本海フェリー太平洋フェリーシルバーフェリー20日頃まで人とバイク両方の空きがないのは前日に確認してたからね。
早めに気付いて動いて良かった。
さて、予定が早まって、明日のホッカイダーイベントには行けなくなってしまったけど、道民の友人には会っておきたい。
ということで、友人が張っている別海へ向かおう。
まっすぐ向かってもつまらないから、寄り道する。

乳酪館のある東藻琴からGoogleマップの案内で走っていくと、じゃがいも街道に入った。
イメージ 18


景色が絶品。すごい。
イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

こんなすごい景色を拝める道があるんだなぁ

やって来たのは、ほがじゃの工場売店
イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

みんなお土産売り場で一度は見たことのある『ほ』ってパッケージのお菓子だ。
お土産屋さんではあまり見かけない味のほがじゃをいくつか買った。

まだまだ寄り道するよ。
ほがじゃの工場から斜里国道を東へ進む。
道すがら、斜里岳がものすごく綺麗に見える。
イメージ 25

ここまで綺麗に斜里岳が見えたことはあったかな?
ただただ斜里岳が綺麗で、予定していたフェリーが欠航して帰宅が早まったことなんてちっぽけでどうでも良くなる。

次にやって来たのは、天まで続く道。
イメージ 26

イメージ 27

晴れてるけど、生憎の逆光。
次は晴れてる日の午前中に来ないとな。

途中の展望台。
イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

残念ながら真っ直ぐなアップダウンの道は展望台から見えない。
これはこれで良い眺め。
ここからは一目散に別海ふれあいキャンプ場へ向かう。
車の少ない山間路はハイペースで走れる。
標津、中標津辺りに差し掛かると、一気に北海道らしい牧場と草原と防風林の景色が広がる。
見慣れているし、写真撮影は割愛。
別海市街に入って、まずはホクレンで給油する。
50L給油するともらえるドライブ用マップをゲットした。
イメージ 31

見開きA2サイズはバカでかい。
買い出ししたら、別海ふれあいキャンプ場へチェックイン。

設営完了。
イメージ 33

友人のバイクと一緒に。
イメージ 32

やっとカワサキ並べて写真撮れたよ。

キャンプ場はお祭りだそうで、ビンゴ大会が開かれる。
が、その前にサッポロクラシックの生で乾杯。
イメージ 34


/* この辺から写真がおかしいけどYahoo!ブログがクソでスマホ投稿だと直せないので脳内補完推奨 */

ビンゴを当てて、景品に非売品のサッポロクラシックのジョッキと、生ビール&枝豆券をゲットした。
イメージ 35

非売品のサッポロクラシックのジョッキが、内地の人間には泣けるほどに嬉しい。
割らずに持って帰らないと。
ビール券でジョッキにビール注いでもらった。
くぅー、(゚∀゚)=3ウマー!
イメージ 36

バイク仲間のお連れさんにラーメン分けてもらったw
冷えるから温かい食べ物は嬉しいね。
イメージ 37

歩いて温泉へ。
別海の温泉は珍しいモール泉だ。
湯上りは買っておいたカツゲンでクールダウン。
イメージ 38

キャンプ場に戻って、11時頃まで宴をした。
久し振りに会う友人とは話し足りない感じもあるが眠さに勝てずテントへ…

つづく

ぽちっとお願いします。
キャンプツーリングブログランキング参加用リンク一覧

2019夏・北海道ツーリングその6

2019-8-13

長万部は朝から晴れ。
イメージ 1

サクッと撤収終えて出発だ。

噴火湾沿いに進んで、途中からは洞爺湖方面へ逸れる。
洞爺湖にも一応寄っておく。
イメージ 2

イメージ 3

洞爺湖もいい天気だ。

壮瞥に入って朝ご飯。
イメージ 4

ホットシェフのコーヒークロワッサンが美味しい(^^)

千歳まで抜けると、市街で弱い雨に降られる。
市街を外れると止む局所的な雨だった。
千歳東ICで高速へ。
イメージ 5

平日だから高いけど、十勝まで下道だと正直かったるい。

遅い車につかまりながら、昼前には音更に到着。
一度食べてみたかった、かしわの豚丼
イメージ 6

イメージ 7

お腹が柔らかくて炭火焼のいい匂いがして、めちゃくちゃ美味しい。

すぐ近くのホクレンで緑のフラッグをゲット。
イメージ 8

がっつり道南に向かった今年は4色コンプリートできるか?

朝の撤収でなぜか靴と靴下がぐっしょり。
足が気持ち悪いから、コインランドリーでからっからに乾かす。
イメージ 9

この間に今日の午後の計画を練る。
まずは柳月だな。

お盆の柳月スイートピアガーデンは大混雑。
イメージ 10


まずは先日の誕生日祝いのケーキ。
イメージ 11

チーズケーキ170円、濃厚プリン200円。
十勝のお菓子は価格破壊が起きてる。
原材料が取れる地域は強い。

お土産にスイートピアガーデン限定の三方六を買った。
イメージ 12

実家にも送りつけた。

お腹と心が満たされたので、ちょっと走ろう。
音更といえば十勝牧場。
きれいな並木道。
イメージ 13

イメージ 14

木が老いてきて、いつまでもつか分からないって話も聞く。
行ける時に行っておかないとな。
この先、4.5kmダートを走って十勝牧場展望台へ。
イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

オンロードバイクで来るのは10年以上ぶり。
ここの景色は十勝の雄大さが分かって好きだ。

さて、この先まだ北上するか?と思ったけど、初日からハイペースできたから疲れてしまった。
近くの上士幌航空公園にテントを張ってしまおう。
ということで、無駄に農道走って遠回りして、上士幌航空公園で設営。
イメージ 21

スパコンの雨雲レーダーが降るって言うから、タープも張った。
結局降らなかったけど。

街中の温泉は値段が少し下がってた。
湯上りはカフェオレでクールダウン。
イメージ 22


Aコープとセイコマで買い出しして、キャンプ場に戻る。
お米を水に浸けておく間に、ホットシェフのフライドチキンで乾杯。
イメージ 23

そしてメインはジンギスカン
イメージ 24

白いご飯との組み合わせが最強。
大満足。
セイコマ限定のブランデーハイボールも買ってあったけど、満足したし眠いからお土産用に残して宴は終了。

つづく

ぽちっとお願いします。
キャンプツーリングブログランキング参加用リンク一覧